読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまごのかけら

広く、深くを目指す雑食系ブログ

メンタル強いのはいいことなのか

人生 生き方
わたしは、メンタルが強いとよく言われる。それはもういろんな意味で。
 
小さい頃から、親に叱られてもどこ吹く風だったらしい。全然こたえなかったから叱り甲斐がなかった、とも言われたくらい。
 
実際少しはしょげていたけれども。
 
 
自分では結構落ち込んでいるつもりでも、周りから見るとそうでもないらしい。立ち直りが早いともいうか。
 
切り替えが早いんだろうな。
 
悩んでも仕方ないと思えば、あっさり割り切って次へ進めてしまう。
 
 
最近になってときどき、その強さを自覚したとき、自分でも怖いと思うことがある。
 
 
 
以前、ある人に言われたことがある。
 
メンタルが強い人は、それが弱い人のことを理解できないんじゃないかと。なんでそんなことくらいで悩むんだと思われそうだ、と。
 
 
そのときは、そんなことはない、と思った。メンタルが強いことはイコール人の器の大きさだと思っていた。
自分のことで悩んでいたら、他人の悩みや相談を聞く余裕もないだろうから。人を受け入れるための強さだと。
 
 
と、本気で思っていた。
 

 

それが今になって揺らいでいる。
 
 
結局、自分が強すぎて人の痛みなど分からなくなっていたのではないか、という罪悪感に苛まれた。
 
 
よく、先生になるにも勉強が得意だった人よりも苦手だった人の方が適する、という。勉強ができない人の気持ちがわかるからだろう。
 
 
それと同じで、人の気持ちに寄り添うためにも、メンタルが強すぎるのも良くないのだろうと、うっすら思わざるをえなくなってきた。
 
 
 
一応言っておくと、昔は自分ではメンタルは弱いと思っていた。
 
 
小学校時代のいじめに始まり、中高時代の孤立、受験のとき危うく浪人しかけたことや、立て続けに起こった祖母と兄の死、失恋、
 
どれも、そのときは人生が終わるんじゃないかと思うくらいに、泣いたし、動揺した。
 
 
様々な苦労を経て、強くならないと生きていけない、と気づいて、そうならざるをえなかったのだ。
 
 
結果として、ちょっとのことでは動じない、メンタル瓦並みの人間になってしまった。
(最初からそうだったのかもしれないが、その自覚ができた。)
 
 
おそらく、メンタルが強い人や何事にも動じない人でも、最初からそんな強い人ってそういないと思う。
生まれつき肝が座った人もいるかもしれないけれど。
 
 
思考整理のためにこの記事を書いていたのだけど、メンタルが強いのがいけないのではなくて、必ずしも強くなれない人もいることを、忘れちゃいけないんだってことなんだろうな。
 
 
人の気持ちに寄り添うって、難しい
 
 
そんな二十歳の夏
 

 

f:id:seventyeight:20160810150442j:plain